洗濯記号

相補的サイン

sの十字架。 基本的なグラフィックサインの1つに置かれているアンドレアは、その特定のグラフィックサインによって表される治療が行われてはならないことを示しています。
トレーまたは縁の下のバーは、同じ棒グラフに対応する処置に対して中程度に処置を行うべきであることを示す。
トレーまたはリムの下の二重バーは、バーなしの同じグラフィックサインに対応する処理と比較して、非常に中程度の洗浄処理を示す。
1 6 30 40 50°に対応する、60点から70点までの洗濯、乾燥およびアイロン処理温度。

ウェット洗浄

このシンボルは、最高温度および水中での洗浄操作の最大強度に関する情報を提供するために使用されます。
トレイは手または機械の洗浄処理を指示します。
最高温度95°c。
通常の機械的作用。
通常のリンス。
正常な遠心分離。
最高温度95°c。
機械的作用が減少しました。
漸減温度ですすぎ(冷水の徐々の導入のため)。
減少した遠心分離。
最高温度70°c。
通常の機械的作用。
通常のリンス。
通常の遠心分離。
最高温度60°c。
通常の機械的作用。
通常のリンス。
通常の遠心分離。
最高温度60°c。
機械的作用が減少しました。
漸減温度ですすぎ(冷水の徐々の導入のため)。
減少した遠心分離。
最高温度50°c。
機械的作用が減少しました。
漸減温度ですすぎ(冷水の徐々の導入のため)。
減少した遠心分離。
最高温度40°c。
通常の機械的作用。
通常のリンス。
通常の遠心分離。
最高温度40°c。
機械的作用が減少しました。
漸減温度ですすぎ(冷水の徐々の導入のため)。
減少した遠心分離。
最高温度40°c。
機械的作用が非常に減少します。
通常のリンス。
通常の遠心分離。
ねじれないでください。
手洗いのみ。
機械洗いをしないでください。
最高温度40°c。
注意して処置してください。
水で洗わないでください。
湿った状態では、注意して処置する。

漂白

塩浴をベースとした製品を使用して洗浄する前、その間およびその後に実施される水性浴中のこの操作は、汚れを除去し、および/または白色度を改善するように設計される。
三角は漂白処理を示す。
いかなる酸化漂白剤も許容される。
塩素を含まない酸化漂白のみが許可されています。
漂白はできません。

アイロン

この操作は、熱と圧力を使用する適切な装置を介して元の形状と外観を復元するために、繊維製品に対して行われる。
アイロンはアイロン作業を指示します。 最高温度レベルは、図面内に配置された1、2または3ポイントで示されます。
鉄板の最高温度:200°C
鉄板の最高温度:150°C
鉄板の最高温度:110°C
アイロンはしないでください。 スチームアイロンやスチームトリートメントは許可されていません

ドライクリーニング

この操作は、有機溶剤を使用して繊維製品を清掃するように設計されています。
処理は、洗浄、すすぎ、遠心分離および乾燥を含む
丸は、皮革製品と毛皮製品を除く織物のドライクリーニングを示し、さまざまなドライクリーニング作業に関する情報を提供します。
テトラクロロエチレン、モノフルオロトリクロロメタン、および標識に示されているすべての溶媒によるドライクリーニング f
通常の洗浄処理、制限なし。
前の点で示した溶媒でのドライクリーニング。
水の添加および/または機械的作用および/または洗浄および/または乾燥の温度に対する厳しい制限がある。
トリフルオロトリクロロエタン、炭化水素(℃150の沸点と200°C、C℃、38°60間の引火点)とドライクリーニング
通常の洗濯処理、制限なし。
前の点で示した溶媒でのドライクリーニング。
水の添加および/または機械的作用および/または洗浄および/または乾燥の温度に対する厳しい制限がある。
プロのウェットクリーニング
非常に正常な手順。
プロのウェットクリーニング
繊細な手順。
プロのウェットクリーニング
非常に繊細なプロセス。
ドライクリーニングしないでください。

機械乾燥

洗浄後の繊維製品に対して行われるこの操作は、洗濯操作の後、回転ドラム内で熱風によって残留水を除去することを意図している。
最大応力レベルは、グラフィックサイン内に配置された1または2ポイントによって示される
正方形に内接する円は、タンブルドライヤーによる乾燥を示す。
乾燥遠心分離機
タンブル乾燥機による乾燥を可能にするタンブル(遠心)
低温での乾燥プログラム
タンブル乾燥機による乾燥を可能にするタンブル(遠心)
通常の乾燥プログラム
タンブルドライヤーを使用してタンブラー乾燥(回転)しないでください

自然乾燥

自然乾燥は、吊り下げられたまたは滴り落ちるまたは平らな、日中または日陰で残留水を除去するために洗浄後に繊維製品上で行われるプロセスである
内側の他の記号が記された四角は、自然乾燥モードを示します。
垂直位置での乾燥、吊り下げ、絞った後、および/または過剰の水を除去するための遠心分離機
水に浸した繊維製品、すなわち加圧および/または遠心分離することなく、垂直位置で吊るす
余分な水を除去した後の平らで平らな表面での乾燥
日陰で乾燥する。 このシンボルは、垂れ下がった乾燥シンボルの横に置かれており、そのプロセスが太陽から離れて運ばれなければならないことを示しています